雑誌広告製版

雑誌広告製版とは

ページの先頭へ

日本雑誌協会の入稿規定に沿った製版データの作製、JMPA準拠の校正プルーフの出力から、各出版社用にカスタマイズされた送稿データ作製を行うサービスです。
J-PDFデータ作製ならびに、CD送稿やQP・PSによるオンライン送稿に対応。

雑誌広告原稿の流れ

ページの先頭へ

雑誌広告原稿の流れ

①製版データ作製作業

レイアウトデータから製版データを作製】

1.素材チェック

(a) データの確認(素材・部品データ)=原稿サイズ、使用ソフトとバージョン、フォントアウトライン、写真アタリと罫線及びアタリ用データの削除等の確認 (b) 写真、イラスト原稿等のチェック=点数、アタリとの照合、スクリーン線数等の確認 (c) デジタル画像データのチェック=画像フォーマット、RGBCMYK等の確認

2.画像処理

(a) ポジ・プリント入稿の場合のスキャニング(色分解 (b) デジタル画像入稿の場合のデータ調整
トーンカーブレベル補正シャープネスコントラストなどの調整、RGBCMYK変換)
※デジタルブラシ作業を含む

②校正作業

【必要に応じて校了まで校正作業を繰返す。】

デジタルプルーフによる校正・・・JMPA準拠によるプルーフ出力(CMS運用)

(a) デザイン・レイアウトチェック (b) コピーチェック(文字校正
(誤字、脱字、誤植、書体、大きさ、行間、文字間、字切り、字送り、改行)
(c) 製版済み写真のクリエイティブな指定のチェック
解像度線数トリミング、大きさ、切り抜き、色イメージ、色調、ディティール)
(d) 製版指定のチェック

③送稿データ作製作業

校了データから日本雑誌協会指定のデジタルワークフローに沿った送稿データを作製】

1.データ送稿用の適正画像補正(解像度など)

2.媒体別カスタマイズ

(a) 媒体別のサイズ調整、画像調整 (b) J-PDFデータの作製およびメタ情報の入力

④検証作業

【媒体ごとに適合したデータであることの検証確認】

(a) ADチェッカー、QuickPrintによる検証および掲載情報の入力
(クライアント名、掲載媒体、掲載日、カバーデート、サイズ、色数、広告扱代理店名、送稿扱代理店名、担当者名、アドレス等)
(b) QPゲラ出力、プリフライトレポート出力 (c) 送稿用データの書出し(CDへ保存、ラベル印字)

Quick Print
Page Store
について

⑤最終確認と送稿作業

【最終的な送稿準備作業】

(a) 出力見本ゲラによる送稿データのチェック (b) メタ情報のチェック (c) CDラベルのチェック (d) 仕様書のチェック (e) 送稿データのセット

HOMEHome > ワークフローのご紹介 > 雑誌広告製版