早分かり用語集

4K・8K
4K・8Kとは映像における画面解像度を指す略称。従来の地上デジタル放送・衛星放送などの「フルHD」は、横×縦の画素数が1920×1080=約200万画素(相対して「2K」と呼ばれる)。対して「4K」は3840×2160=約800万画素。4Kは2Kよりも画素が4倍高密度で、映像が緻密な「Ultra HD」と呼ばれる。4Kの次世代となるのが「8K」。4Kのさらに4倍、2Kに対しては16倍もの画素を持ち、7680×4320=約3200万画素級の超高精細映像「スーパーハイビジョン(SHV)」とも呼ばれる。
HOMEHome > 早分かり用語集