早分かり用語集

製版
アナログ時代における「製版」とは、刷版(さっぱん)に転写する写真や図版を編集し、印刷機で印刷できるように版を作製する作業工程のことを指します。しかし、デジタル化された現代において、その作業はパソコン上で完結出来るようになりました。デジタル時代における「製版」とは、イラストレーターやインデザインなど様々なアプリケーションで作成された制作データを新聞広告や雑誌広告、あるいは商業印刷等の各媒体ごとに最適に作り替える作業全般のことを指します。その工程は文字組みから画像処理に到るまで多岐にわたり、そこには熟練の技と豊富な知識が必要です。この「製版」の良し悪しが、その後の印刷の仕上がりに大きく影響を及ぼします。
HOMEHome > 早分かり用語集