早分かり用語集

あ行

ページの先頭へ

アート紙
コート剤を塗布して高圧を加え、表面を滑らかにした紙のこと。白色で写真をよりきれいに見せることができます。
合紙
 「間紙」とも書く。数量確認を容易にするためや裏移りや汚れを防ぐために印刷物の間に紙を挟み込む事。
アウトライン化
使用された文字のアウトラインフォントの情報を輪郭線により型取られたオブジェクトに変換する事。 
青焼き
文字・写真などの完全データをフィルム製版して感光紙に焼き付けたもの。 
アキュレートスクリーン
正確な角度とハーフトーンスクリーン情報を、特定の高解像度出力機に反映できるフォトショップの設定項目。 
アクティブ
使える状態にあること。 
網代綴じ(あじろとじ)
背に切り込みを入れた本文の折丁と表紙とを糊のみで接着して仕上げる製本方式。 
アタリ画像
アプリケーションソフト等でレイアウト確認のために表示されている「データの軽い粗い画像」のこと。アタリ画像ではキレイな印刷はできません。
アッセンブリ
組立作業一般を指す。加工では、別々に仕上がった印刷物を組み合わせて一つ製品に仕上げる作業を指す。封筒に葉書・案内状・挨拶状などをセットして封入する作業、など。
アピアランス
 Adobe Illustratorでのアピアランスとは、オブジェクトの外観のことで、アピアランス属性を変更することで基本構造は変更せずに外観だけを変更することができる。アピアランス属性には、塗り、線、透明度および効果がある。
アプリケーション
ワープロソフトやデータベースソフトなど、特定の仕事を行うためのソフトウェアを指す。DTPであれば、レイアウトをしたり、画像を編集したり、図を描いたりするために使うソフト。 
雨だれ
 「!」のこと。感嘆符、またはエクスクラメーションマークと呼ばれる。
網点(あみてん)
印刷物を構成する細かい点、またはその集合のこと。高品位の印刷物は、網点の密度によって階調を表現します。
アラート
 ユーザーの操作に対し注意を促したり警告を与えたりするために表示されるメッセージ。
アンカーポイント
 Illustratorなどで図形を表現する際の線と線をつなぐ点。孤立すると不要な点となる。
アンチエイリアス
 斜め線や曲線などに発生する階段状のギザギザ(ジャギー)を目立たなくするために、物体の輪郭を背景と融合するように、色を滑らかに変化させる事。
アーカイブ
書庫の名前に由来するもので、データの保管場所のこと。 
アートボード
イラストレーターでドキュメントのサイズ。 
イメージセッター
印画紙や印刷用の製版フィルムなどを出力する装置。CTPと電子送稿の登場により活用の機会は少なくなりました。 
色温度
 光の色を人の見える感覚に置き換えて表した数値のこと。単位をケルビンで表し、数値が小さいほど暖色系、数値が高いほど寒色系の色になる。
色が転ぶ
オフセット印刷で、仕上がった印刷物の色がずれてしまうこと。4色印刷の特性上、不得手な色があります。 
色が沈む
くすんだ発色になること。 
色空間
カラースペースとも。印刷においては印刷機の諸条件や使用する紙の特性などによって色域に差が生じるため、適合した色空間での作業が必須となります。 
色玉
 色玉とは、印刷の際に仕上がり領域外に配置する印刷インキ色の管理マークのこと。正確に製版・印刷が行われているかを確認するために使用します。
色分解
原稿の色を、印刷用にC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、BK(ブラック)の4色に分解することを言います。
インクジェットプリンタ
ノズルからカラーインクを噴射し印刷する方式のプリンタ。写真品質に近い仕上がりにより、写真プリントの替わりになったり、カラーカンプ・簡易色校正など多岐に渡り使用されている。 
インク総量(TAC値)
CMYKのインク掛け合わせ総量のこと
印刷圧(印圧)
印刷時に、版面やブランケット面のインキを紙面などの被印刷面に転移させるために加える圧力。略して印圧という。 
ウェットプルーフ
平台校正・本機印刷など、刷版を作って印刷されたゲラ。プリンターなどから出力されたゲラと区別する表現。 
埋め草
 新聞・雑誌においてスペースが余った際に埋める短い記事。
裏移り(うらうつり)
枚葉印刷機の場合、紙は印刷機の排紙部(デリバリ)で紙受け台の上に刷本が積み重ねられるが、このとき積み重ねられる刷本の重さで、インキがその上にある刷本の裏面に付着すること。 
ウラ罫
印刷用の罫線の中で太い0.3mmの罫線。活版印刷で罫線用のアルミニウムや亜鉛などの金属板の裏側を使用することからこの名がついた。
裏抜け
 印刷インキが、用紙の裏面までしみ出すこと。薄い紙を使用した時に、起こることがある。
裏貼り
 交通広告のまど上などで使用。裏面に厚紙を貼る事により、湿気などによる紙のたわみ、しわを防ぐ補強強化があります。
エイリアス
ファイルやフォルダの分身。複製と違って実体のない分身を作るもので、エイリアスをダブルクリックするとオリジナルのファイル、あるいはフォルダが開く。 
エンコーディング
データを一定の規則にしたがって符号化すること。 
演色性
照明で物体を照らすときに、自然光が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標。平均演色評価数(Ra)を使って表すのが一般的で、Ra100を太陽光とし、どれだけ太陽光に近いかを数値で表す。ただし、色温度の高低差により基準光源が異なるため、色温度差のあるランプ間でRa値のみの比較はできない。 
追い込みサイズ(セーフティ)
文字やロゴ、絵柄等が切れないように、仕上がりサイズより内側に配置する場合の位置(寸法)を指す。 
オーバープリント
カラー印刷で、色の上に別の色を重ねること。
オフセット印刷
 版銅に付いたインキをブランケット銅(ゴム)に転写した後で用紙に印刷する方法。 イメージの元版と被印刷物とが直接触れないのが特長。
オモテ罫
印刷用の罫線の中で一番細い0.1mmの罫線。活版印刷で活字の高さにしたアルミニウムや亜鉛などの金属板(1ポイントまたは五号8分)の罫の片側を薄く削ったもの。ちなみに0.2mmの罫線を中太罫という。
折丁
印刷した紙を製本する状態に折り畳んだもの。 
オンデマンド印刷
要求に応じて(オンデマンド)、必要なものを、必要な時に、必要な数だけ印刷するシステム。 
オンライン送稿(入稿)
原稿データを従来のMO・CDやフィルムなどではなく、メールや専用回線などで媒体社へ送信すること。
オーバープリント
あるカラーの上に別のカラーを重ねて印刷することを指します。 
1bit TIFF
 RIP済み(演算済み)のデータで、印刷用のデータ(PS・EPS・PDFなど)からスクリーニング処理(網点化処理:screening)を行ったモノクロ2値の画像データ
Aモード
絞り優先オート。Av。絞りを撮影者が決定して、カメラがシャッタースピードを自動で調整する。 
A-CAP
朝日新聞社の広告紙面印刷のカラーターゲットとなるカラープロファイル 
ACE
Adobe製品に搭載されている色変換方式。 
AE
カメラの、露出を自動で調整する仕組み。 
AMスクリーン
等間隔に並んだ網点の個々の大きさを変化させて濃淡や階調を表現する印刷の手法。多くの印刷で代表的に使われているスクリーン。
ASCII
American Standard Code for Information Interchangeの略。ANSI(アメリカ企画協会)が制定した文字コードで、7ビットで表せる英数字・記号・制御コードで構成されており、1文字を1バイト(8ビット)で表すコンピュータにおいて最も使用されてる。
ATMフォント
ATMフォントとは、Adobe Systemsが提供しているATM(Adobe Type Manager)によって、ディスプレイ上で再現されたPostScriptによるフォントのことです。 
Adobe RGB
Adobe Systemsが1998年に発表した、RGB色空間の定義。 
EPS
Encapsulated PostScriptの略。画像ファイルの保存形式のひとつ。DTPでは、最終的に印刷物として使用する画像や線画の標準的なフォーマットとなっている。データ自体がPostScriptで書かれているため、PostScript対応の出力機では最も安定して出力できる。解像度や色数にとくに制限はなく、CMYKとRGBのどちらにも対応している。 
FMスクリーン
網点の大きさが細かく一定で、密度を変化させて濃淡や階調を表現する印刷の手法。モアレやロゼッタ・パターンが発生しにくい、高精細な再現ができる、色味が安定しずらい。
HSBカラー
H色相 S彩度 B明度の要素からなるカラーモデルのひとつ 
ICC
インターナショナル・カラー・コンソーシアムの略称。電気機器上で一貫した色管理を行う為の、国際標準化団体。 
ICCプロファイル
カラーマネジメントにおいて、インターナショナル・カラー・コンソーシアム (ICC) の公表した標準に従い、色に関わる入出力機器や色空間を特徴付ける一連のデータである。プロファイルは特定機器の色特性や見た目の要求仕様を記述したもので、デバイスの入力と出力の色空間のマッピングや「プロファイル接続空間 (PCS)」で定義される。 
ICM
Windows 95から標準的に搭載されている、ICC(International Color Consortium)に準拠した色情報を管理するシステムのことである。 
IEC
International Electrotechnical Commissionの略称。国際電気標準会議。 
IoT (アイオーティー)
 Internet of Things (インターネット‐オブ‐シングス)の略称。直訳すると「モノのインターネット」。パソコンやスマホなどの情報通信機器だけでなく、センサーやデバイスをもった生活の中のあらゆるモノがインターネットによって繋がる事。広告業界にとっても、IoTが消費者の生活と広告のあり方をどのように変えていくのか大きな可能性を秘めている。
LCD
液晶ディスプレイ。Liquid Crystal Displayの略。 
Mモード
マニュアル露出。撮影者が絞り値とシャッタースピードを調整する。 
N-PDF
日本新聞協会と日本広告業界が協業で策定した新聞各社共通のPDF制作基準。 
N-SIZE
日本新聞協会が推奨する原稿制作サイズ。
 
2013年4月より、全ページ広告(15段)が運用されている。2013年12月21日からは全10段、全7段、全5段についても運用開始となる。「N-SIZE」原稿に対応している新聞社、運用上の注意事項については、同協会ウェブサイト「新聞広告データアーカイブ」内の「デジタル広告原稿の制作・入稿規定」のコーナーで確認することができる。
日本新聞協会の2月度広告委員会が2020年2月14日に開催され、N-SIZE(日本新聞協会推奨制作サイズ)に関して、天地に8種類の段数を、左右で2種類の幅を追加策定して、2020年4月から運用することが了承された。
 
 
「新聞広告データアーカイブ」 
NSAC
日本新聞協会が新聞輪転機の印刷特性を反映したカラー広告の色見本プロファイル 。
ONYX
大判インクジェットプリンター用ソフトウェアRIP。 
OOH
Out of Home アウトオブホームメディア 交通広告や野外広告など家庭以外の場所で目にする広告。 
OPニス
インキを刷った上から透明な油性溶剤を塗ってグロス・マット感を出し、色落ちを防止する。 
OPI
 Open Prepress Interfaceの略。低解像度画像データをレイアウトで使用して、出力時にはOPIサーバーが高解像度に自動的に差し替える仕組みを言う。現在ではPCやサーバーが高性能化した為、あまり使用されていない。
OutlinePDF(アウトラインPDF)
大日本製スクリーン製「EQUIOS」(イクオス)という印刷ワークフローで作成されたPDF。DTPアプリケーションで作成されたデーターを、「EQUIOS」にてRIP処理する事で、「文字化け」「リンク画像の抜け」「RGB画像の混在」など、不安定要素を取り除いた、完全下版データです。
RGB
光の三原色Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)のこと。パソコンのモニタ画面の色もRGBです。
Sモード
シャッター優先オート。Tv。シャッタースピードを撮影者が決定して、カメラが絞りを自動で調整する。 
S-EPSチェッカー
NICSクラウドを使用した新聞広告EPS原稿の検証システム。
SNS
Social Networking Service/ソーシャルネットワーキングサービスの略。インターネットを介したコミュニティ型Webサイト及びサービスをいう。人と人(個と個)のつながりを促進・サポートすることを目的に成り立っており、おおくは会員制・登録制によるサービスである。一方個人情報流出や未成年者利用などの問題点の懸念もある。 
SPツール
 セールス・プロモーション「販売促進」。消費者の商品購入を促進する広告手段。チラシ、ポスター、パンフレット、カタログ、パッケージ、ノベルティ、サンプル(試供品)などの制作物のこと。
sRGB
色空間の国際標準規格。IECによって策定されている。 
USM
アンシャープマスクの略称。画像のエッジに沿ってコントラストをつけ、画像をシャープにする。 
HOMEHome > 早分かり用語集