早分かり用語集

か行

ページの先頭へ

解像度
画像のきめ細かさであり、dpiという単位を用いる。1インチあたり点がいくつ入るかということを意味しており、350dpiのように表す。
この数字が大きいほど解像度が高く、高い精度の画像となる。
可逆圧縮
ファイルを圧縮する際、元のファイルと圧縮解凍後のファイルが完全に一致する圧縮方法。例:.zip .lzh .sitなど。 
拡張子
ファイルを識別するためのファイル名末尾の文字列。例:.txt .pdf .ai  .jpgなど。 
角版
画像データを切り抜きせずに四角のままで使用すること。
カッティングプロッタ
プロッタと呼ばれる出力装置の一種で、コンピュータから送られる図形データに基づいて切り抜くことが出来る。主に、シールなどの制作に使用される。
活版印刷
 活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷すること。また、その印刷物。鉛版・線画凸版・樹脂版などの印刷も含めていう。活版刷りともいう。
角トンボ
印刷した後に、仕上がりサイズに裁断するための位置を示す線。 
紙むけ
インキのタック値が増大したり、印刷速度が速くなると、紙の表面の繊維や塗布物がむけてくることがある。 
紙目
紙の長辺に対して平行に繊維があるのをタテ目/T目、垂直に繊維があるのをヨコ目/Y目と言う。
カラーアピアランス
フォトショップで画像を開いたときに表示された色のこと。
カラーチップ
印刷物や特色インクの色基準となる紙片。DICやTOYO、PANTONEといった色見本帳から切り取って原稿に添付する。 
カレイド<インキ>
カレイド(Kaleido) は、東洋インキが開発した4色枚葉プロセスインキの事。通常の4色印刷よりも色再現性が高く、色域はこれまで再現出来なかった領域までカバーできるので、従来の4色印刷より鮮やかな表現が可能となっている。 
カンプ
最終的な印刷物のイメージに近い確認用のレイアウト出力。 
ガウス
フォトショップでピクセルに加重平均を適用したときに生成される釣鐘型の曲線。ぼかし(ガウス)フィルターでは、線数の少ないディテールを加え、かすんだような効果を作り出すことができる。 
ガモット
 色の再現認識範囲のこと。数値、座標によって表現する。
菊判
 菊全判939mm×636mm、書籍サイズ218mm×152mm。
記事下広告
新聞広告で、記事の下に掲載されている広告。全ページ広告もこれに含まれる。 
キャリブレーション(Carribration)
色補正機能のこと。入出力デバイス自体の表示や出力数値のズレを調整、補正する事。デジタル写真の分野では、入出力の色の違いを補正し、色を統一するためにディスプレイやプリンターの特性を調節することを指す。 
級数
文字サイズを表す単位の一つ。写植機で使われていた。1Q=0.25mm(0.71pt)4Q=1mm(2.84pt)。 
切抜き
写真の背景の不要な部分をカットしたもの
金赤
マゼンタ100%+イエロー100%の掛け合わせの色。 
ギア目
印刷の際、紙の進行方向に対し直角の方向に生じる縞状のムラのような汚れで、胴回転歯車の誤差や胴仕立ての不良などによって起こる印刷不良事故の1つ。 
逆版
写真や図版を、左右または天地を逆に使うこと。
組み寸・刷り寸
組み寸は、本来は活字で組み版された新聞1ページ大の寸法をいうが、CTSでは組み版処理の基礎となる寸法である。刷り寸は印刷される時の新聞1ページの寸法。最近では、組み版処理の段階から刷り寸で行われるようになってきた。 
クラウド(CLOUD)
本来の意味は雲。IT用語としてクラウドコンピューティングのことを指す。データを自分/自社の使用するパソコン・スマートフォン内に保管せずインターネット上で使用・保管するサービスをいう。 
クラフト紙
パルプを原料とした洋紙のうち、強度を落とさないため漂白工程を行わない紙のこと。強度が高い紙となるため主に重包装用途や段ボールの材料に使用される。
クリッピングパス
画像処理ソフトで画像を「切り抜き版」として使用する場合に、使いたい画像内の輪郭部分をパスで囲んで指定し、その範囲だけを切り抜きます。
くるみ製本
板紙でできた表紙で中身をくるんだ製本様式。
咥え(くわえ)
枚葉紙の印刷の際、印刷機の咥え爪に咥えられた側の印刷用紙の端のこと。くわえの部分には印刷できず、ここは化粧裁ちによって落とされる。 
グラデーション異常
イラストレーターでグラデーションの始点と終点に色の指定がない、又は違う色の指定が重なっている、又はグラデーションを表現できない線や小さなオブジェクト・孤立点にグラデーションの指定が入っていること。 
グラビア印刷
凹版印刷のひとつ。細かい描写等の写真印刷に向いている。
グレースケール
白から黒の階調の明暗で構成される画像のモード。中間色が灰色で表現される。 
罫線
一般的には『一定の間隔で引いた細い線』のことを指すが、印刷用語としては単純に1本引かれた線や太い線や装飾のある線なども含めた線全体を指す。
化粧裁ち
仕上げ裁ちともいう。印刷物を仕上がり寸法、または指定された寸法に合わせて断裁すること。 
毛抜き合せ
写真類や色面などを隣り合わせに配置するとき、境目がないようにぴったりとくっつけてレイアウトすること。製版の際に、髪の毛1本分のトラップ処理を施した状態。 
見当
 多色印刷においては重ね合せの位置精度。単色印刷では表面と裏面の位置精度。そのほかに用紙を折るときの折り位置精度印刷絵柄に合せて打抜くときの位置精度などがある。
下版
校了(責了)した原稿を印刷所へ渡すこと。 
ゲラ
校正刷り及び校正紙のこと。本来は活版を収納する箱でしたが、校正刷りを運ぶのに使用していたため校正刷りをゲラ刷りと呼ぶようになった。近年、DTPではPostScriptプリンタなどで出力したものもゲラとして使用している。 
校閲
事実の確認や内容の適否・正誤など原稿の内容にまで踏み込んだチェック。 
校正
印刷物の誤字脱字や色味の不備などをチェックして修正すること。
校正記号
校正をするには、校正記号を赤色の筆記具で用います。校正記号はJIS規格で基準化されています。 
校了
校正完了。校正の修正が必要無くなり、次の段階へ原稿を進められる状態になること。 
小口
 本を開く側の部分のこと。反対に、本の綴じ目の側の部分ことは「のど」と言います。
コックリング
 掛け合わせの多いインクが紙に吸収された時、波打ち状に出る現象。
子持ち罫
太い線に細い線を平行して添えたもの。
孤立点
イラストレーターのドキュメントにおいて、図形を構成しない不要なアンカーポイントのこと。 
コントラスト
明暗比のことを指す。「コントラストを強く」の指示は明暗の差が大きいメリハリのきいた画像になる。 
コート紙
印刷用紙のうち,表面に白色顔料を塗布した塗工紙coated paperの一品種。 
ゴースト
ベタ刷り部分でローラーのインキが消費されてしまい、隣接したベタ部分に色の淡い部分ができること。 
ColorSync
アップルコンピュータが提供しているカラーマネジメント機能。 
Gamut
CMYK・RGBなどの色空間や、プリンタ・モニターなどデバイスの再現・認識できる色の領域 
QuickPrint
デジタルセンド社が提供する、PDF原稿のプリフライトチェック、原稿情報、送稿情報の埋め込み、送稿ファイルの書き出しの役割をもつソフトウェア。 
HOMEHome > 早分かり用語集