早分かり用語集

は行

ページの先頭へ

ハイブリッドスクリーニング
 AMスクリーンとFMスクリーンの長所を併せ持つハイブリッド方式。
ハイライト
原稿や画像の最も明るい領域で、ハーフトーンでは最小の濃度で表現される。 
箔押し
紙に箔を乗せ、金版で過熱・加圧して文字や模様を型押しすること。箔を使用せずに空押しをする(エンボス)もある。 
印刷物において、余白部分に記入する書籍名や掲載日などの情報のこと。 
ハブ
LANのケーブルを分岐、中継する集線装置。各機器に接続されたケーブルはいったんハブに接続され、ハブを介して相互に通信する。 
版下データ
版下とはアナログ製版時代、紙台紙に写植や図版の紙焼きを貼付けてトンボや罫線などをレイアウトしたものの名称で、DTPではイラストレーター等のレイアウトデータを指す。 
反射原稿
前方から光を当てて、反射した光で絵柄が見られる原稿のこと。プリント写真やイラストなど。
版面
ページ上で、上下左右の余白(マージン)を除いた、本文などが印刷される領域。 
版ズレ
多色刷りの印刷を行う際に、重ねて印刷する各色の版がずれている状態のこと。 
ハーフトーンスクリーン情報
スクリーン線数・角度・形状の情報のこと。特定の線数や角度で出力したい時に情報を設定する。※出力デバイスに依存する。 
バイト
コンピュータで使用されるデータ容量を表す単位のこと。最小単位1bitが8個分で1バイト(Byte)となり、1024B(Byte)で1MBとなります。
バイナリ
テキスト・ファイルと違い、可読でないデータを含んだファイルのこと。 
バウンティングボックス
原稿の境界を示した枠のこと。 
バックアップ
データを保管用にコピーしておくこと。何らかの原因で元のデータが壊れたり、誤操作によって消去した場合に備えます。
バリアブル印刷 ( VDP)
VDP(Variable Data Printing):オンデマンド印刷の1つで、1枚1枚違う情報(ナンバリング、宛名など)を入れる印刷方法のこと。
バーコ印刷
盛り上げ(浮き出し)印刷の一種。 印刷されたインクに樹脂のパウダーを付着させて、その後の熱処理によってパウダーが溶解してそのまま固まることによってインクの上に盛り上がりが出来る。
パス
イラストレーター、フォトショップなどで作成できる線のこと。 
パッケージ
イラストレーターやインデザインのドキュメントに使用されているリンク画像やフォント(中国語・韓国語・日本語を除く)などを収集する機能。(イラレCS6以上、インデザ2014以上)
パンフレット
複数ページの綴じ加工された小冊子 
非可逆圧縮
可逆圧縮と違い、元のファイルと圧縮解凍後のファイルが一致しない圧縮形式。例jpeg、mpegなど。(不可逆圧縮とも言う) 
非画線部
印刷版面のうち、印刷インキの付着しない部分。 
ヒッキー
インキ中に混入したインキの乾燥皮膜や小さなゴミなどが版やブランケットに付着し、画線が白点状に抜けることで、スペックともいう。 
表紙
本の表紙のこと。「表1」は表表紙のことで、その裏側を「表2」と言います。「表4」とは裏表紙のことで、その前の頁を「表3」といいます。
平網
均一濃度の網点パターンのこと。
平綴じ(ひらとじ)
本文の折丁の背付近を針金で綴じ、表紙をくるみ接着して仕上げる製本方式 
ピクセル
画像の色情報(色調や階調)を表現する最小単位。日本語では「画素」、英語では「pixel」(ピクセル) 
ピッキング
インキの粘りが強すぎる場合や紙の表面強度が足りないために起きる紙むけ現象をいう。 
ピンホール
小さな穴。印刷用語でピンホールは、針で突いた様な小さな白い点のこと。印刷する紙本体やブランケット、ローラーなどにごく小さな異物が付着したまま印刷すると、インキが乗らなかった部分が白抜けして発生する。ヒッキーとは違い、針の先でついた程度の小さな点の白抜けのこと。
ピールオフ広告
ポスターにグッズ等を簡単に剥がせるようなに貼付して、自由に持っていってもらうプロモーション型広告のこと。
ファイル圧縮
ファイル圧縮は、データ送信時の送信時間の短縮、データ保管の容量の節約などを目的としたファイルデータサイズを小さくする作業をいう。ファイル解凍は圧縮されたファイルデータを元のデータ容量に戻す作業をいう。代表的な圧縮・解凍ツールとしてZIP、StuffIt、MacLHAなどがある。 
ファイルストレージ(オンラインストレージ)
インターネット経由でファイル保管用のディスクスペース(サーバー上の領域)を貸し出すサービス。大容量のファイルの保管・取り出しが可能であり、メールでは送信できない大容量のデータを社内外で共有使用することができる。 
ファンシー・ペーパー
 洋紙仕上げの特殊紙の一種。豊富な色・風合いを持ち、美的感覚を満足させてくれる高い装飾性を持つ紙の総称。ブックカバーや表紙、ノート、便箋などの装丁、POPや包装紙、そして貼箱などの高級化粧箱の貼紙等々、様々な分野で使用されている。
フィーダー
印刷機などの自動給紙機のことをいう。 
フォント
統一された書体デザインによる文字セットの名称。元は欧文文字の用語で、大文字・小文字・数字・記号類の一揃え。コンピュータで使用されるデジタル書体をいう。 
フォーマット
ページレイアウトソフトなどで作成するデータの基本的な書式のこと。また、ハードディスクなどの記憶装置をOSで使用できるよう初期化することもフォーマットという。
袋文字
輪郭線だけの白抜き文字のこと。
不透明度
 画像処理の透かし効果の見える度合い(%で表現される)
フラットヘッドスキャナ
原稿を平面上に置いて走査する方式のスキャナのこと。
ブランケット判
一般的な新聞紙の用紙サイズのこと。約半分のサイズは「タブロイド判」。
ブロッキング
加工された紙の表面に過重な圧力が加わることなどが原因で重なった紙同士がくっついてしまうことをいう。絵柄のTAC値が高いと起こりやすい。 
プリフライト
本来の意味は飛行機の離陸前に行うチェックのこと。DTPでは最終出力前の各種設定をデータチェックする品質管理作業をいう。 
プリフライトチェック
作成したPDFがPDF/X-1aに準拠しているかチェックすること
プリプレス
印刷工程前の組版・製版・刷版関係の生産工程の総称。
プルーフ
印刷ではなく、プリンター、デジタルコンセンサス等で出力された色校正紙。 
プレスコート
熱硬化する樹脂を印刷面に塗って熱と圧力をかけて冷却することでツヤを出す加工。光沢感が出せる。 
プレビュー
EPSファイルに付けられる画面表示用の低解像度のビットマップ画像。 
プロセスインク
オフセット印刷でY(イエロー)、M(マゼンタ)、C(シアン)、K(ブラック)の各版に用いる多色刷りの基準になるインク。この4色のかけ合わせによって様々な色が印刷再現される。 
プロセスカラー
CMYKの4色インクを用いて色を表現すること。 
プロファイル
 → ICCプロファイル
ベクターデータ
 座標で決められた点と線で表現されたデータ。そのため、拡大・縮小しても画質の劣化は発生しない。↔ラスターデータ
ベジェ曲線
イラストレーター等で描く滑らかな曲線。始点と終点の間に制御点がある曲線。 
ベタ
印刷の濃淡は網点の大小で再現させるが、網点面積100%すなわち全面にインキがついている状態をいう。 
ベタ組み
文字の間をあけたり詰めたりせずに文字を組むことを言います。
ベタ白抜き
色ベタに白抜き文字がある状態を示す表現 
ペースト
 PCのクリップボードの内容を、使用上の書類ウィンドウに複写すること。
ほりあげ
亜鉛凸版時代の呼名で、スミベタ文字、画線部の文字が突き出た状態。ベタ抜き文字の逆意として使われていた。 
ポストスクリプト
アドビシステムズ社が1984年に発表したページ記述言語のこと。DTPで使用されるページ記述言語(PDL)の標準となっています。
ポンジ
テトロンポンジの略。ポリエステル系の生地の一つで、テトロンと呼ばれることもある。のぼりで主に使われる素材で、糸が細く軽量で薄く透けて見えるのが特徴。
Bluetooth
 数十メートルまでの比較的短い距離で電波を使って情報のやりとりを行う無線通信規格の1つ。
FOGRA
 ドイツ印刷関連団体認証機関
HiReso(ハイレゾ)
 High Resolution(ハイ・レゾリューション)の略、高解像度の事。
High Sierra(ハイ シエラ)
 2017年9月にリリースされたアップル社が開発したMacintosh用のOS。バージョンナンバーは10.13。
Pモード
プログラムオート。カメラの絞りとシャッタースピードを自動で調整する。 
PANTONE
アメリカのPantone社のカラー印刷用特色インキのカラーガイド。DTPソフトでも選択・指定できる。 
PCCS
1964年に(財)日本色彩研究所によって開発されたカラーシステム。 
PDF
Portable Document Formatの略。Adobe Systems社が開発した電子文書ファイル形式。同社のAdobe Readerを使用することで機種や環境に依存せずにファイルデータの表示・印刷することができる。 
PDF/X-1a
印刷用PDFの規格の一つ。 
POP
Point of purchaseの略。店頭での販売促進を目的とした広告。 
PP加工
 出力物にフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させ、表面にツヤ感やマット感を持たせ、耐久性・耐湿性を持たせることができる。
PageStore
デジタルセンド社が提供する、QuickPrintで書き出されたPDF原稿の送受信を管理するソフトウェア。 
pixel
コンピュータで画像を扱うときの色情報の最小単位。画素。 
PostScript
Adobe Systemsによって開発された、出力機の描画を制御するためのプログラミング言語(ページ記述言語)の名称です。 
Proofer
デジタルデータから直接出力する方法または機器のこと。(例)Direct Digital Color Proofing。 
HOMEHome > 早分かり用語集