早分かり用語集

ら行

ページの先頭へ

ライダー
イラストレーターでスクリーン線数や角度などの情報をEPSに埋め込むためのプラグイン、及びファイル。 
ラスタライズ
ポストスクリプトデータを画像データ化(ラスター化)すること。これにより文字情報データが画像データになる。電子送稿の場合、グラデーションなどの部分に使用する。 
ラスターデータ
 それぞれ色のついたドットの集合によって表現されるデータ。細かい表現が出来るが、拡大・縮小などによって劣化する。↔ベクターデータ
ラテ面 (ラテ欄)
(主に新聞の)テレビやラジオの番組表が掲載されている欄。
ラミネート
紙に対してプラスチックフィルムの様なものを貼り合わせ、保護や見た目のを変化させるもの。マット・グロスがある 
リーフレット
綴じられていない一枚ものの印刷物のこと。
リサイズ
拡大・縮小しサイズを変更する事。製版ではイラストレーターやフォトショップなどを使ってデータの大きさや解像度を変える事。
リッチブラック
プロセスカラー印刷で、スミ1色でなく、他の色を重ねて得る黒色のこと。通常のスミ色よりも、艶やかで濃密な黒色が得られる。 
リモートワーク
会社のオフィスではなく、それ以外(自宅など)で仕事をすること。
リンク画像
DTPではレイアウトデータとそれに配置された画像データとの繋がれている状態をいう。配置画像データの所在が不明になることで「リンクが外れる」状態となり、配置画像は正しく表示されない。 
輪転機
印刷機の種類。円筒型の版胴と圧胴の間に、巻き取り印刷紙を通して印刷するもの。短時間に大量印刷ができ、新聞・書籍などの印刷に使用。
リーダビリティ
文章そのものの内容表現や用語を整理統一して読み易くすること。 
リーダー罫
点線のこと。三点リーダー「…」や二点リーダー「‥」がある。通常、和文は文字の天地(高さ)の中央に、欧文は文字の下のラインに合わせる。
ルビ
ふりがな用の文字のこと。全てにふるものが総ルビ、ところどころにふるものがパラルビと呼ぶ。
レイアウト
一定のスペースの中に、文字・イラスト・写真・記号などを効果的に配置すること。割り付け。 
レイヤー
層・階層の意味。グラフィックソフトウェアにおいてはオブジェクトや画像を何層にも重ねた複雑な表現が、それぞれのレイヤーごとに操作・変更が出来る機能。 
レジストレーション
CMYKすべて100%で出力される色。色分解した版の位置合わせに用いるトンボの色。 
レジビリティ
書体や字詰めや行間を工夫して視覚的に読み易くすること。 
レタッチ
画像データの色の調整や汚れの除去、特殊な効果をかけたり合成をするなどの加工作業のこと。 
レベル補正
フォトショップにおける、写真などの自然画像の明るさやコントラストを調節するためのコマンド。 
連続階調
網点で構成されるのではなく、銀粒子あるいは染料粒子などで階調が連続的に構成される。白黒の2階調ではなく、濃淡の段階が滑らかに無限に存在している。
レーザープリンター
レーザー光を利用して感光体にトナー(粉)を付着させ、それを熱と圧力で紙に転写して印刷を行うプリンター。原理は複写機(コピー機)とほとんど同じ。 
ロゴ、ロゴタイプ
商標・社標・タイトルなどのデザイン化された文字のこと。
ロゼットパターン
カラー印刷物でインキを刷り重ねるために作ったフィルム上の網点が、色ごとに定められた角度で配置されているときに現れる小さな亀甲模様のこと。
LAN
 Local Area Networkの略。限られたエリア内ネットワークの意味。
LoReso(ローレゾ)
Low Resolution(ロー・レゾリューション)の略、低解像度の事。 
RAWデータ
デジタルカメラで撮影された際の画像情報が、未現像の状態でデータとして保存されたもの。 
RIP
Raster Image Processorの略。DTPソフトで作ったPostScriptデータを、出力のためにプリンタやイメージセッタの出力解像度にあわせてビットマップデータに変えるプロセッサ。 
HOMEHome > 早分かり用語集