早分かり用語集

P,Q,R,S,T

ページの先頭へ

Pモード
プログラムオート。カメラの絞りとシャッタースピードを自動で調整する。 
PANTONE
アメリカのPantone社のカラー印刷用特色インキのカラーガイド。DTPソフトでも選択・指定できる。 
PCCS
1964年に(財)日本色彩研究所によって開発されたカラーシステム。 
PDF
Portable Document Formatの略。Adobe Systems社が開発した電子文書ファイル形式。同社のAdobe Readerを使用することで機種や環境に依存せずにファイルデータの表示・印刷することができる。 
PDF/X-1a
印刷用PDFの規格の一つ。 
POD
「Print on Demand」の略で、必要なときに必要な部数だけ印刷すること。一般的にオンデマンド印刷と呼ばれている。
POP
Point of purchaseの略。店頭での販売促進を目的とした広告。 
PP加工
 出力物にフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させ、表面にツヤ感やマット感を持たせ、耐久性・耐湿性を持たせることができる。
PageStore
デジタルセンド社が提供する、QuickPrintで書き出されたPDF原稿の送受信を管理するソフトウェア。 
pixel
コンピュータで画像を扱うときの色情報の最小単位。画素。 
PostScript
Adobe Systemsによって開発された、出力機の描画を制御するためのプログラミング言語(ページ記述言語)の名称です。 
Proofer
デジタルデータから直接出力する方法または機器のこと。(例)Direct Digital Color Proofing。 
QuickPrint
デジタルセンド社が提供する、PDF原稿のプリフライトチェック、原稿情報、送稿情報の埋め込み、送稿ファイルの書き出しの役割をもつソフトウェア。 
RAWデータ
デジタルカメラで撮影された際の画像情報が、未現像の状態でデータとして保存されたもの。 
RGB
光の三原色Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)のこと。パソコンのモニタ画面の色もRGBです。
RIP
Raster Image Processorの略。DTPソフトで作ったPostScriptデータを、出力のためにプリンタやイメージセッタの出力解像度にあわせてビットマップデータに変えるプロセッサ。 
Sモード
シャッター優先オート。Tv。シャッタースピードを撮影者が決定して、カメラが絞りを自動で調整する。 
S-EPSチェッカー
NICSクラウドを使用した新聞広告EPS原稿の検証システム。
SNS
Social Networking Service/ソーシャルネットワーキングサービスの略。インターネットを介したコミュニティ型Webサイト及びサービスをいう。人と人(個と個)のつながりを促進・サポートすることを目的に成り立っており、おおくは会員制・登録制によるサービスである。一方個人情報流出や未成年者利用などの問題点の懸念もある。 
SPツール
 セールス・プロモーション「販売促進」。消費者の商品購入を促進する広告手段。チラシ、ポスター、パンフレット、カタログ、パッケージ、ノベルティ、サンプル(試供品)などの制作物のこと。
sRGB
色空間の国際標準規格。IECによって策定されている。 
SSD
Solid State Driveの略。フラッシュメモリを使用した記憶媒体。ハードディスクに比べ軽量・低電力・低発熱、読み書きのスピードが速い。
SWOP
アメリカにおける印刷標準
TAC値
 Total Area Coverageの略。総インキ量。UCRと同義に使うこともある。
TIFF
Tagged Image File Formatの略。画像ファイルの保存形式のひとつ。DTPでは、EPSと並んで最終的に印刷物として使用する画像の標準的なフォーマットとなっている。画像のサイズや1ピクセルあたりのビット数(色数)、解像度、圧縮などの情報がタグとして付けられているのが特徴。解像度や色数にとくに制限はなく、CMYKとRGBのどちらにも対応しているが、EPSのように切り抜き画像にすることはできない。 
Tv
シャッタースピードを撮影者が決定して、カメラが絞りを自動で調整する。Sモード。 
Type1フォント
PostScriptフォントの標準的なフォーマットのひとつ。低解像度のプリンターで小さいサイズでも読みやすくする機能を備えており、ATMによるアウトライン表示が可能であるといった特徴があります。 
HOMEHome > 早分かり用語集